いよいよ私も移住・転職?「いつかは…」を手放し、生き方・暮らし方に本気で向き合う人のための5ヶ月間プログラム”十人十話-JUNIN TOWA-” ~十人十色の「私の移住・転職物語」~【京都移住計画】

Description

●プログラムが生まれた背景

私たち「京都移住計画」は、これまで首都圏在住の京都移住希望者を対象に、「『いつかは』KYOTOかえるゼミin東京」などの移住支援イベントを実施してきました。


多くの方にご参加いただく中で、こうしたイベントを通じて京都の情報に触れる機会を提供する価値を感じる一方で、実際にアクションを起こしたいと思いながらも、現実的には難しい壁に直面している方々にも数多く出会ってきました。


「どうすれば、本当にアクションを起こしたい人の後押しができるだろうか。」


そう考え続けた結果、一つの答えとして、本気で移住を考える人を対象に、単発イベントではない、中長期的に支援させていただく本気のプログラムを実施するということにたどり着きました。




●移住・転職はなぜ実現しないのか?

中長期のプログラムを実施するにあたり、改めて「なぜ、移住・転職は実現しないのか?」ということを考えてみました。

そして、移住・転職が実現しない大きな理由として、「3つのフェーズ」があることに気づきました。

首都圏・都心部で働いている方の場合、「まずは希望する企業に就職して、実務経験を積んでから、移住・転職を実現する」という計画を立てていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

そうした方の場合、だいたい働きはじめて3~5年経つ頃に、”「まずは・いつかは」期”を迎えます。


移住・転職を本気で検討しなければと思いながらも

「まずは東京でスキルを身につけよう」

「いつかは移住・転職したいが、今ではない」

といった理由で、具体的な行動を先送りします。



そして、社会人経験も5~8年が経ち、いよいよアラサーと言われる世代になると、そろそろ動き出す頃だとはわかりつつ、いまの生活がかなり確かなものになってしまい、段々と具体的な検討に難しさを感じ始めます。


それが、”「そろそろ・でも」期”です。


「そろそろいい年だし、本気で考えないと。でも…。。」


と、忙しい毎日、職場での地位や責任、心地よい人間関係など、様々な理由から具体的な行動を避けてしまいます。



そうしていると、働きはじめて10年も経つ頃には”「もういまさら」期”を迎えてしまいます。


「地元に帰りたかったけれど、信頼してくれるクライアントもたくさんいる中で、もういまさら転職なんてできないよな…」


結婚や出産、出世・昇進といったライフステージの変化によって、移住・転職の挑戦がもはや現実的な選択肢ではないように感じられてしまうのです。




こうした「移住・転職を先延ばしする3つのフェーズ」を順番に辿ってしまうと、大きな生活の変化を伴う行動のハードルがぐんと上がり、実現がほとんど不可能にさえ感じられてしまうのです。

今回のプログラムは、ご自身の感覚として、自分は「まずは・いつかは期」「そろそろ・でも期」にいると感じられている方をメインの対象とし、いかにいまのもやもやを乗り越えていくかをテーマとして扱います。



●先延ばししてしまうのはなぜか?

私たちが、大きな決断を先延ばししてしまうのは、一体なぜなのでしょうか。


移住・転職といったテーマの場合は、「こんなことを言ったら、あの人はどう思うだろうか?」という思いが行動を止めてしまう引き金になっている場合が多いようです。


移住・転職といった変化は、自分がいま関わっている周囲の人にも影響を与えます。


例えば、いまの職場を退職するにしても、突然「退職します」「地元に帰ろうと思っています」と伝えたときに、上司や同僚に


「急にどうしたんだ」

「不満があるなら一緒に解決しよう」

「思いは分かったが、いまじゃなくてもいいんじゃないか?」


といった、様々な引き止めにあうことが先に頭をよぎります。


もちろん、それは自分のことを考えての言葉であり、決して自分の思いを否定するわけではないとわかっています。


それでも「どう説明したら、快く送り出してくれるだろうか」と考えてしまうと、いまの自分にはその思いを十分に説明するすべがないと思い、伝えることを断念してしまいます。


こうした思い込みをベースにした、大切な関係者の否定的・批判的な言葉が頭の中で繰り返されるうちに、段々と移住・転職のための具体的なアクションは先延ばしされ、気づけば”「もういまさら」期”へと進んでしまうのです。



このような課題を、私たちはどの様に乗り越えるべきでしょうか?



●人生を”線”で捉える

生き方や暮らし方を変えたい気持ちは本物です。

でも、何かが足りず、具体的な誰かを想定すると、なかなか一歩を踏み出すことができない。

私たちは、具体的な一歩を踏み出すために必要なのは、”ストーリー”だと考えました。


「なぜ自分がいま、移住・転職をしたいと思っているのか」というテーマに対して、過去から現在、そして未来が一貫した物語として語られるには、どの様な解釈や意味付け、ストーリー化ができるのか。


「そもそも、自分はなぜ地元を離れて東京に行ったのか?」

「いまの職場では、一体何を身につけたのか?」

「人にはない、自分の特徴ってなんだろう?」

「人間関係にこんなに悩むのはなぜだろう?」

「なぜ、移住・転職に心ひかれるのだろうか?」

「移住を実現した先に、自分はどうなりたいのか?」

「自分はこれからどうありたいのか?」


こうした、”点”で存在する数々の人生の課題に対し、1つずつに点で答えを出すのではなく、1つの”ストーリー”として、全体を”線”にして、答えを出すことが重要なのではないかと考えています。


そして、そういった視点で人生を見つめ直したとき、「生き方を変えてみる」というイベントに、どの様な意味が、どの様な必然性が生まれるでしょうか?


過去から現在、そして未来につながる、一貫した在り方が見えてくるのではないでしょうか。


大きなテーマであった移住や転職でさえ、それ自体が目的ではなく、あくまでも自分らしく生きるための手段であったということがはっきりとわかるはずです。




また、この中には「U理論」という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。


MITでイノベーションや組織変革の研究をしているオットー・シャーマー博士の理論では、7つのステップでプロセスを経ることによって、自分の在り方に沿った未来が立ち現れるとしています。

本プログラムは、以下(参考)U理論のステップを参考にしながら、企画しています。




●プログラムについて

このプログラム「十人十話~十人十色の『私の移住・転職物語』~」は、ご自身の生き方を本気で見つめ直し、新たな挑戦へと踏み出していくプロセスを応援し、移住・転職といった人生の転機を、まさに十人十色のその人だけの物語として紡ぎ出していくことを目指します。

住み方を変え、働き方を変え、自分らしく生きる人生を手に入れたいと考えている方を対象に、最大15名限定で、5ヶ月間、月に1度のセミナー&ワークショップ形式でプログラムを実施します。

各回のプログラムでは、テーマにもとづいたセミナーと、対話・内省のワークショップを行います。

そして、「そもそも自分は何を望んでいるのか」を明らかにしながら、自分が理想とする住み方・働き方を自分の在り方をベースに見つめ直し、今後どの様にアクションを起こしていくかを検討していきます。


<プログラムの7つの特徴>

【1】5ヶ月間で全5回の対話と内省のプログラム

【2】「私の移住・転職物語」作成

【3】生い立ちや関心など、似た境遇の参加者同士のバディグループ

【4】企画運営スタッフも京都移住者・事業者

【5】着実に前に進むための2つの宿題

【6】「京都移住計画」の居・職・住サポート

【7】事務局からの情報提供メール配信


また、当プログラムは「自分らしく生きる」「生き方・暮らし方に向き合う」を追究するため、”beingで生きる”をテーマに京都で活用する特定非営利活動法人full bloomの協力を得て、企画・運営しています。




<こんな人におすすめ>

✓いつかは移住や転職といった大きな決断をするつもりだが、「なんとなく今ではない」と先延ばししてしまっている

✓自分の本当の思いを周囲に伝えることに漠然とした不安がある

✓今後の生き方・暮らし方について、安心して本音で語り合える仲間がほしい

✓両親やパートナー、職場の上司・同僚、親しい友人の顔を思い浮かべると、自分の気持ちに自信がもてない

✓そんな挑戦ができるのは特別な人だけで、自分の様な普通の人間には大きなチャレンジはできないと思っている



====================

【1】実施概要

====================

◎プログラムタイトル

「いつかは…」を手放し

人生や生き方・暮らし方に

本気で向き合う人のための

5ヶ月間プログラム 

十人十話-JUNIN TOWA-

~十人十色の「私の移住・転職物語」~


◎プログラムの進め方

5ヶ月間のプログラムでは、各月に

(1)ワークショップ(=プログラム当日)

(2)宿題1 個人ワーク

(3)宿題2 バディトーク

(4)事務局メールによる情報提供

を経験しながら、ご自身の物語づくりをサポートします。

また、希望者には個別に京都移住計画の居・職・住に関するご支援も可能です。


◎全5回の概要

10/22(日)~2/10(土)の5ヶ月間・計5回(全回参加)

※各回のバラ売りはありません。

 基本的に全回参加のみ受け付けます


第1回:お互いを知る/ゴールと意図の明確化

・10/22(日)10:00-13:00

・会場:都内で調整中

※実施後に懇親会あり

第2回:自分を振り返る

・11/18(土)10:00-13:00

・会場:都内で調整中

第3回:現実に目を向ける

・12/16(土)10:00-13:00

・会場:都内で調整中

第4回:未来を紡ぐ

・1/20(土)10:00-13:00

・会場:都内で調整中

第5回:ストーリーを描く

・2/10(土)10:00-13:00

・会場:都内で調整中

◎プログラムコーディネーター/メンター

自身も移住・転職経験者の3名のスタッフが皆様をフォローします。

・田村篤史(京都移住計画 代表)

1984 京都生まれ。立命館大学在学中、別府にあるAPUへ交換留学、NPO出資のカフェ経営に携わる。その後休学しPRや企画を行うベンチャーにて経験を積み、卒業後は海外放浪の末、東京の人材系企業に就職し、人と企業のマッチングを行う。東京ではシェアハウスの運営を通じて、同世代の横のつながり作りや訪れた方のマイプロジェクトの支援を行う。20124月に会社を退職し京都へUターン。「人と人、人と場のつながりを紡ぐ」をコンセプトにしたデザインユニットTunagum.の共同代表になる。京都への移住者支援や商店街の活性化、シェアオフィスの企画運営などの場づくりの仕事に携わる。

・安井亜希(NPO法人full bloom代表)

1982年京都生まれ。立命館大学経営学部卒。町医者のような税理士を目指して大学院へ進学し、同法学研究科修了後、税理士試験に合格。20074月株式会社リクルート入社。人事部採用グループへ配属され、人の人生に関わる仕事に魅せられ、以来同社にて採用一筋。関西の新卒採用全体にリーダーポジションで携わる。2012年“人の可能性を信じ、共に動かす”アプローチに魅力を感じ、コーチングを学び始め、米国CTI認定プロフェッショナルコーチの資格を取得。更に「beingで生きる」をテーマに人の生き方を支援するNPO法人full bloomを設立。現在は企業の若手育成や組織活性研修、人事採用関連のコンサルティングなどを行う。


・上野敬峰 (ウワノキカク代表)

宮城県出身。京都大学卒業後に勤めた大手広告代理店を2016年夏に退職し、京都にて企画事務所を設立。「意義あることに取り組む人が、事業化に苦労し、取り組みを断念することは、極めて大きな社会的損失だ」との思いから、魅力ある独自の取り組みを展開する中小企業やNPO、個人経営者や創業希望者を対象に、ビジネスコンサルティングを展開。その一方で、自身もNPOの運営に携わりつつ、外資系コンサルティング会社の事業展開にも参画。「自由とは」をテーマに、理論と実践を行き来しながら、よりよい社会、よりよい生き方を実現するための方法を探り続ける。

====================

【2】募集要項

====================

◎参加要件

・「移住」を伴う「転職」「起業・独立」「事業承継」を検討している

・全5回のプログラムに参加することができる

上記2点に該当する方

◎募集定員 : 15名

◎参加費用 :5,000円(全5回)

◎参加費のお支払い :お申し込み後、指定口座へのお振込みのご案内をお送り致します。

◎主催 : 公益財団法人 京都産業21

◎運営 : 京都移住計画/株式会社ツナグム/NPO法人 full bloom

◎お問い合わせ

メールタイトルに「十人十話に関する問い合わせ」と明記の上、以下のメールアドレスにお送りください。

京都移住計画 代表 田村篤史

tamura@tunagum.com

◎応募締切

9月30日(土)24:00

◎抽選結果のご連絡(定員を超える場合は抽選とさせて頂きます)

10月8日(日)迄にご連絡させて頂きます。

====================

【3】よくある質問

====================

Q 移住を検討しているのは京都ではないのですが、参加は可能でしょうか?

A はい。ご参加いただけます。

運営は京都移住計画ですが、他地域への移住検討者の方も対象となります。


Q 全回参加が難しいのですが、参加は可能でしょうか? 

A 原則的には、全回ご参加頂ける方を対象としております。


Q ストレングスファインダーを以前受けているのですが、別途費用はかかりますか?

A 既に診断結果をお持ちの方はかかりませんが、上位5つのみの診断結果の場合は、
  全ての順位を明らかにする為に追加費用がかかります。

Q 説明会に参加していませんが、参加は可能でしょうか?

A はい。ご参加いただけます。

====================

【4】事前説明会のご案内

====================

10月から始まる本プログラムの募集説明会を以下日程にて開催します。
プログラムを疑似体験して頂けるワークもご用意していますので、
まずは気になった方はお気軽にご参加下さい。

第1回:8/19(土)13時15分~15時00分 ※13時00分 受付開始
お申し込みはこちら

第2回:9/9(土)10時15分〜12時00分 ※10時00分 受付開始
お申し込みはこちら
http://peatix.com/event/292390/view

それでは、みなさまにお会い出来ることを楽しみにしています。




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#274013 2017-08-31 05:56:43
More updates
Sun Oct 22, 2017
10:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
調整中
Tickets
プログラム参加チケット(参加費については後日お振込み頂きます)

On sale until Sep 30, 2017, 11:50:00 PM

Venue Address
東京都内にて調整中 Japan
Organizer
“いつかは”KYOTOかえるゼミin東京
187 Followers
Attendees
11